« 僕たちの戦争 | トップページ | アンドリュー »

武士の一分

H19年1月に観た映画

小峰城が使われていたことをエンドロールみて思い出した。だから結局どのシーンに使われていたかわからすじまいだったよ…BIGな俳優がちょびっとの役で出演しててびっくりだが、目の見えない役、キムタクうまかったなぁカッコいいし、何でも出来るし、天は二物を与えずなんて大嘘だね。映画は全体的に邦画っぽく淡々としていたけれどよかった。タイトルから、主人公のキムタクは「ガチガチの心」の「お堅い感じの武士」なのかと思ってたけど面白キャラだったし、奥さんの壇ふみもステキだったね。さすが宝塚出身!!それにあんな奥さん今の時代いないわ~だし、家の雑用やってくれてるおじいさんが、「ラスト侍」のサム(じいさん)みたいなよさで、猜疑心持ちながら観に行ったんだけど面白かった。

武士の一分 豪華版 DVD 武士の一分 豪華版

販売元:松竹
発売日:2007/06/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 僕たちの戦争 | トップページ | アンドリュー »

普通にいい・好き*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 僕たちの戦争 | トップページ | アンドリュー »